鉄筋ガス圧接工法

 

鉄筋ガス圧接継手とは、鉄筋端部を突合せ、加熱と同時に加圧して鉄筋を一体化する工法で、鉄筋端面どうしを突き合わせ、その周囲を酸素アセチレン炎で加熱し、鉄筋端部を溶融させない赤熱状態(固相状態)にして、同時に軸方向に圧縮力を加えながら接合する継手工法です。

 

 

NewJ-BAR溶接工法

 

NewJ-BAR溶接工法とは、健全な溶接のためにJSSC(日本鋼構造協会)の規格に適合したJ形開先を成型・溶接構造用鋼材と同等の成分調整をした異型棒鋼(杭頭補強筋)です。

 

 

 

フレア溶接工法

 

フレア溶接は、鉄筋同士を重ね合わせた部分をアーク溶接を用いて接合する工法です。 耐震補強工事の高速道路高架橋や橋梁、又大型建築物等で、 柱フープ筋、鋼管杭ひげ筋、床スラブ筋等の接合に用いられ施工されています。

 

 

 

最新施工事例はこちら

      
   平成29年         平成29年        平成29年         平成29年
   鉄筋ガス圧接        NewJ-BAR溶接      NewJ-BAR溶接        フレア溶接